月別アーカイブ: 2017年10月

与えるのも、バランス感覚が大事。

成功哲学の世界でよく言われることの1つに「まず、与えることです」というのがあります。これは、正しいことだと私も思います。与えるより前にもらうことや奪うことを考えていたら、望む人生はおそらく手に入らないでしょう。

その一方で、与える人のところには様々な人間がやってくる可能性があるということも忘れてはいけません。実際、大多数から尊敬されるような成功者は、会う人や付き合う人を選ぶと言われますが、「吸い取るようなタイプの人」「とにかくクレクレという人」とは意図的に距離を置くようにしていると感じます。

少し考えてみれば分かりますが、「与えよう」という人と、「とにかくもらいたい」という人が組み合わさると、それこそ吸血鬼のように全て吸い取られてそれだけで終わってしまうこともありうるわけです。

だからもし、「何かおかしいな」と感じた場合は、ただ与えるのではなく、離れる・去ることも必要でしょうし、あるいは正当な対価を求めていくべきだということになります。

成功哲学や自己啓発的なものを勉強すると、普通の何も知らない人よりは知識があるので、スゴいと思われたりすることが増えます。

そのような中で「与える」という行動だけが先走ると、まだ自己が出来上がっていない状態で「いい人だと思ってほしい」「立派な人だと認識されたい」という気持ちが出てきて、無理をして与えたりと言うことも起こりえます。

与えるという行為も、ステージに応じて自然に増やして行く。そして与えるだけでなく、時にはもらう自分であったり、冷戦に判断して離れる自分と言うのも忘れてはいけません。そういった諸要素をバランス良く持ち続けて、健康な感覚でもって与えることが、一番大切なのです。



☆無料メール講座:自分だけの、オンリーワンの「メディア」を作って

人生を変えられる無料メール講座のページはこちらです。



「La vie en soleil~ありえないはずの人生の窓を開けよう」の概要と、

無料メール講座の内容を、ここをクリックしてもらって下さい。





☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

経験が転用できるとき。

「自分には大した特技など無い」「そんなに面白い人生経験をしているわけじゃない」こういう言葉を普段から言っている人は結構いるような気がします。しかし、多くの人が、他人から見ると興味深い、伝える意義のある人生経験をしてきているのです。

たとえば、あなたが、会社に勤務していて人事で面接をしていたとしましょう。人事部で面接をするなんて、日本中の会社でやっている人がいるから、自覚的には大した経験ではないと思うかもしれません。しかし、もしあなたが将来カウンセラーになってみるとか、コーチングの方に転換していこうとする際に、人事で人と話していた経験は大いに生きることになるでしょう。

もし、工事現場での肉体労働しか経験がないとしても、そういった厳しい場で体力をキープするために知らず知らずのうちに行ってきた習慣は、他の人にとって価値ある健康法になるかもしれませんし、事故防止のために安全を予防する知識や心構えというものを他の場面に応用して話すことができます。

つまり、人が持っている経験と言うのは、当人が思っている以上に尊いものであり、人生のいろんな場面に転用できる価値のあるものなのです。

こういう視点で、あなたの特技や好きなこと、趣味や、仕事でやってきたことを第三者的な視点で見てみてください。発見があると思います。

ちなみに私は先日、趣味のウクレレの発表会で、そこそこ大きなホールで客席を前にして演奏をしましたが、ほとんど緊張することはありませんでした。過去に、自分1人のピンでビジネスセミナーをやった経験が複数あったからです。

あなたの中にも、いろいろと転用できるものが眠っています。その道筋が少しでも見えたとき、人生は次の展開に発展するかもしれません。



☆無料メール講座:自分だけの、オンリーワンの「メディア」を作って

人生を変えられる無料メール講座のページはこちらです。



「La vie en soleil~ありえないはずの人生の窓を開けよう」の概要と、

無料メール講座の内容を、ここをクリックしてもらって下さい。





☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ