月別アーカイブ: 2017年9月

発想力は固定を嫌う。

人生の変化はアイデアから生まれます。

どういうことかというと、新しい自分になるために何か違う行動を起こそうとする。その際に、何をするかと言うことを思いつくのは、アイデアですね。仕事においても、新しい企画などのベースは、アイデアが生まれることからすべてが始まります。

私も高校生くらいの頃から色々とアイデアの生み出し方、発想法と言うものを勉強してきましたが、1つ言えるのは「生活が型にはまりすぎるとアイデアはわかない」ということです。

例えば、月曜日に出勤して、帰りはコンビニによって・・・金曜日は飲みに行って・・・というようなパターンが1つ決まっていて、ほぼ毎週同じ行動パターンをなぞっているような場合ですね。こういう風に日常の過ごし方が固定してしまうと、発想をつかさどる脳の機能が弱くなってしまうのです。

ですから、「固定しない」「固定させ過ぎない」ということを意識することです。別に難しいことではありません。今日は歩いたことのない路地を歩く、降りたことのない駅で降りてみる、いつも使うのと違うお店を利用する、そういうことでまずは十分です。そういう風に、固定と逆の要素=変化を日常の中に取り入れることで、アイデアが湧きやすくなります。

アイデアが湧きやすくなれば、あなたの人生は変わりだします。自分が変えたい分野がどれであっても、まずはアイデアから始まるのですから。

固定しすぎて、あなたの時間が肩こりを起こしていないか、チェックしてみるといいかもしれません。



☆無料プレゼント:あなたがオンリーワンの価値を生み出せる音声セミナー。

「La vie en soleil~ありえないはずの人生の窓を開けよう」の詳細と、

無料メールセミナーのページはこちらをクリックして下さい。




☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分の「べき」を整理しよう。

誰でも生きている中で、自分の内側に「行動規範」を持っています。

行動規範と言うと難しく聞こえますが、

「こういうものは、こうしなければならない」
「~は、こうあるべきだ」

という、自分が無意識のうちに持っているルール、「~するべき、~であるべき」のことですね。

この「べき」が意外にも曲者なのです。毎日頑張っているのに楽しくない、精神的な疲労感しかないとか、必死でやっているのに変なことばかり起きてしまうというときに、実はあなたが持っている「べき」が足を引っ張っている可能性があるのです。

冷静に考えると分かると思いますが、1人の人間が「こうあるべき」と思っていたとして、それと関係なく周りでその「べき」と正反対のことが起こったり、「べき」と違う生き方過ごし方をする人と出会ったりします。

すると、自分の「べき」に感情的スイッチが入ります。怒りであったり、無力感であったり。そして挙句の果てには「この世は絶望で満ちている」というような観念を抱くようになってしまいます。歴史上の厭世的な文学者や芸術家なども、これと同じ心理的プロセスを経ています。それが昔の場合、情報が限られていることや、宗教的な信念などによって「べき」が物凄く強くなっているのでより一層強いものになっていたのでしょう。

ふと考えてみてすぐに思い浮かぶ「べき」については、そんなに害はありません(たとえば「時間は守るべき」とか)。そうではなく、自分が普段意識していない、知らず知らずのうちに自分の中に持っている「べき」に注意が必要です。自分の気持ちの浮き沈みや人間関係といったものの現実、それらがこの「無意識べき」と深くつながっていたりするからです。

紙1枚でもいいので、時間が余った時に出してきて、自分の中にある「べき」を吐き出してみましょう。ほぼ間違いなく、「あ、私はこんなことについて『~であるべき』と思っていたんだ!」というものが見つかります。見つかった「べき」が無意識から意識の方に上がってくることによって、修正がしやすくなります。「あの人は、ああなんだな」「これはこれで、まあいいか」という寛容さが内側に生まれやすくなるのです。あるいは自分から、この「べき」は必要ないなと思って手放すことができて、違う現実につながっていきます。

あなたの「べき」は、人生の意外なキーの1つなのです。



☆無料プレゼント:あなたがオンリーワンの価値を生み出せる音声セミナー。

「La vie en soleil~ありえないはずの人生の窓を開けよう」の詳細と、

無料メールセミナーのページはこちらをクリックして下さい。




☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ