あなたにファンがつきぞっこんになる方法。

狭すぎる気がするくらいがちょうど心地いい。

(続きは以下で)

☆☆☆

ぞっこん、という言葉を最近の人も使うのかどうかは知りませんが(笑)、しっくりくるのがこれだったので記事件名にしました。

ビジネスにせよ、プライベートにせよ「あなただから」「○○さんだから来るんです」というような状態になれば、1つステージを上に上がった状態だと言えます。

スキルや、持っている所有物とは関係なく、その人自身のことを求めて人がやってくるということで、これは「ファンができる」ということと同義だと思います。

そして、ファンを作るという面から見て、もっとも適さない姿勢が「なんでもやります」「なんでも頑張ります」というものだったりします。

これは、お医者さんに例えると分かりやすいですが、「なんでも診察します」という医院と、「足の裏のうおのめを綺麗に取り除くことでは日本で有数の皮膚科です」というのでは、どちらに深い支持者がつくかを見比べると分かります。「なんでも」というのは、一見間口を広げているように見えて、相手の中でイメージさせる力を下げてしまっているので、ファンを作ることができないのです。

恋愛で「どんな女(男)でもいいから付き合います」と言う人と付き合おうと思う人はいません。ミュージシャンで「何でも弾きます」と言う人のライブが満員になることはなさそうです。

ついつい、人は自分のことになると分からなくなるものです。

自分が知らず知らずのうちに、間口を広げようとして「なんでもやります」の状態になっていないかどうかを少し気にかけてみましょう。

そこから、あなたの本当にフォーカスすべきテーマが見つかるかもしれません。

☆☆☆

(まとめ)

人も仕事も、絞ることからチャンスが来る。



☆無料プレゼント:あなたがオンリーワンの価値を生み出せる音声セミナー。

「La vie en soleil~ありえないはずの人生の窓を開けよう」の詳細と、

無料メールセミナーのページはこちらをクリックして下さい。




☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA