役割を、自分で制限してない?

今のあなたのままで、可能性が無限に作れるのです。

(詳しくは以下で)

☆☆☆

保育園に子供たちを迎えに行ったら、上の息子(3歳)が「パパー!」と走ってきてしがみついてきました。最近ママ寄り(笑)な印象だったので嬉しかったですね^^

さて、今日は自分の役割と言うお話です。このブログを読んでいる多くの人は仕事をされていると思いますが、仕事と、自分の人生においての役割とは100%イコールでないことに気づく必要があります。

例えばあなたが営業マンで自社の商品を販売しているとして、その商品販売と言う役目だけがあなたの人生での役割ではありません。もちろん家庭では父親だったり母親だったりする場合がありますが、ここではそういうことではなく、あなたの仕事自体を自分の人生の役割であると狭く捉えなくていい、ということです。

あなたがこれまで、仕事を通じて得てきたスキルや対人コミュニケーション力。あるいは、難しい資料や外国語などを読み解く能力。そういったものを俯瞰してみていくことで、あなたのこの世界での「役割」というものが広くなって見えてきます。

すると、自分の感情の中にもパラダイムシフトが起こります。自分は大きかったんだ。自分はもっと大きなものとつながっている。自分の興味関心が広がってきた。

そしてそれが、明日から未来の自分の枠を広げていくことに繋がっていくのです。そこには、新しい人や機会との出会いもあるかもしれないのです。

「自分は○○屋だ」「自分は、○○の役職に過ぎない」という一見世間の中で目に見えるものだけが自分の役割だと思わないようにしましょう。あなたには、気づいていないチャンスというものが、無限に存在するということを知っておくことです。

☆☆☆

(まとめ)

一見それらしい肩書を、自分自身だと思わないようにしてみる



☆無料プレゼント:あなたがオンリーワンの価値を生み出せる音声セミナー。

「La vie en soleil~ありえないはずの人生の窓を開けよう」の詳細と、

無料メールセミナーのページはこちらをクリックして下さい。




☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA