数字よりエネルギー源を優先させる。

目に見えないものの方が、強いパワーがある。

(続きは以下で)

☆☆☆

年末と言うことで息子の保育園もお休みに入りましたが、なぜか彼はまるで仕事が終わって年末休みに入ったようにのびのびとして楽しんでいます。保育園ももちろん楽しいのでしょうけれど、家の時間が好きでいてくれているのはまあ良いことなのかもしれませんね。

さて、会社勤めをしている方や営業職の経験がある方なら特にそうだと思いますが、仕事やビジネスと言うのが「数字」でできていて、数字がとても重要だという考え方があります。

もちろん、黒字にするとか利益を出すために数字を見ることは大切なポイントですし、数字を見る能力をつけておくことは重要だと思います。(余談ですが、私は会社員時代はいくら本を読んでも財務諸表と言うのがさっぱり分からなかったのですが、自分で仕事を始めた途端にちゃんと読めるようになりました。意識が切り替わると受信力も変わる良い例でしょうか)

その反面、数字というものに意識が縛られ過ぎると、思い切った動きを妨げます。たとえば、目標売上とか、目標達成の数字というのを決めたとして、それに縛られ過ぎて思い切って動けないとか、変化ができないという状態になっているとしたら、これは数字が足を引っ張っていることだと言えるでしょう。

数字は結果を確認するためのツールと割り切って、それ以上に数字に恐れを与えないようにしましょう。

それよりも、さっさと始めるとか、思い切って切り替えるとかいう行動の部分のエネルギーを優先させることです。

そんな風に行動を優先させて、伸びた数字を見て喜ぶ。
数字の役目のもっとも大きなものも、そういうところにあるのかもしれません。

☆☆☆

(まとめ)

数字は結果を見るための道具と考えて、数字に行動を制限させてはいけない。

☆今年の更新はこれが最後になります。まだ始めて間もないブログですが多くの方に読んでいただき感謝です。どうぞ良いお年をお迎えください。



☆ライフバリューウィンドウ(LVW)の詳細と、

無料メールセミナーのページはこちらをクリックして下さい。




☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA