自分を変えてくれる意外な存在の正体。

実は、すぐそこにあった、ということです。

(詳しくは以下で)

☆☆☆

娘(1歳)が微熱のためおとなしく自宅で過ごさせていますが、ゴジラのような大声を出して家じゅうを徘徊するので書き物が進みません・・・なんというのか、女の子ができるまで漠然と持っていたイメージと現実が全然違うというか(笑)

さて、今日のお話ですが「自分を変える」ということについて多くの人が勘違いしているポイントについてです。

よく、自分探しやスピリチュアルにハマっている人にこの傾向があるのですが、

「自分を変えてくれる偉大なる存在」

のようなものを求める人が多いです。ハイヤーセルフとかインナーチャイルドとかいろんな言い方がありますが、いま意識されている自分自身以外の存在と言うことでは一致しています。

しかし、です。

言葉の表現を変えていても、自分以外の「他の存在」「外の存在」に自分を変えてもらおうとしても、それは無理だということを知る必要があります。あなたを変えることができるのは、今あるあなた自身であるということです。

個人的にも、それはもう数限りないスピリチュアルのセミナーに出て滝に打たれてダライラマの著作を読んでどうのこうの…というくらいにセミナー関係に出まくっている人が、周囲から嫌われまくるほどにずっと自分勝手だったり、斎藤一人さんの影響で毎朝ありがとうと100回唱えている人が、身近でご馳走してくれた人に感謝することもできない人だったり…というのを、いくつも見聞きしてきました。

これも、自分の「外側」に変えてもらおうと手を変え品を変え色んなものに触れつつも、自分で自分を変えていないという実例だと言えます。

他人に変えてもらうとしない。
外側に、自分の変化と言う成果を求めない。

あなたを変えることができるのは、まぎれもなくあなた自身であること。

それを知るだけでも、すでにもう自分を変えられているのです。

☆☆☆

(まとめ)

自分を変えることができる最適な存在は、今の自分自身である。



☆ライフバリューウィンドウ(LVW)の詳細と、

無料メールセミナーのページはこちらをクリックして下さい。




☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA